Facebook、災害時に食料や避難場所を探せる新機能を発表

Facebookが米国時間の2月8日、災害時にユーザーの間で安否確認ができる「災害時情報センター」をアップデートした。世界の各地で何か災害が起きたとき、世界中の友人たちの安否確認に役立っていたあの機能だ。

アップデートされたことにより、新たに「コミュニティヘルプ」機能が追加された。同機能により、ユーザーが助けを求めたり、助けを求めているユーザーを見つけることができるようになった。

災害発生後に必要な食料など支援物資のニーズや、避難場所、移動手段などを探したり、提供したりすることができる。

「コミュニティヘルプ」は、地震やビル火災など、自然災害や事故災害などが発生した時に起動。今後数週間以内に、日本のほか、米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、インド、およびサウジアラビアで利用可能になる予定だ。

The Good
The Bad
モリ ジュンヤ

inquire Inc. CEO、『UNLEASH』編集長、sentenceオーガナイザー。問いの生成や編集デザイン、言葉を通じて個人や組織、社会の変革を支援してます。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事として非営利メディアの運営も。

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.